2020年01月22日

傷ついたタマミー

『銀河銭湯パンタくん』2019年1月10日と同17日放送の「タマミーのらくがき」の感想です。
star.png
 ボール遊びで、うまくパスできないタマミーの悪口を言ったピッコラ。本人は本当のことを言っただけというのですが、あれはどう聞いても悪口ですよね?

 学校の図画の時間で「自分の顔」というテーマで絵を描く場面で、ピッコラだけなんだかわからない絵になった。次の日の朝、黒板には「ピッコラは えがヘタ」の文字が。みんな、いったい誰が書いたのか騒いでる。落書きをした人を知らないマチータ先生、相手がどういう気持ちになるか、よ~く考えてくださいと言いましたが、パンタくん、何か隠してそうな顔してましたね、あそこで。でも、みんなはタマミーがピッコラにボール遊びが下手と言われて帰り、それで仕返しにタマミーがピッコラの悪口を黒板に書いたと言っていましたが。

 ピッコラが描いた絵を見たピエールさん、オムライスと言ったらピッコラが、自分は絵が下手だと泣き出した。朝、黒板に書かれた落書きを見て傷ついた模様。落書きをした人は、ピエールさんには「ほんとの事言って何が悪いの? どうしたの?」という感じに思える。ここでピッコラは、タマミーに同じ事をしたかもしれないと気付いたんですね。

 銀河ノ湯。パンタくんとパンキチ、二人っきりの男湯で、パンタくんは、今朝の落書きの事をパンキチに打ち明けました。彼はタマミーのためを思って、あんな事を書いたけれど、そのせいで、タマミーを悪者にしてどうしようと迷ったときに、ドッチロンたちに迫られた。パンタくんは悩んだ末に、ピッコラと一緒にタマミーに謝って和解しました。タマミーは、ボール遊びの練習をすることに決める。後から来たピエールさんも一緒になって、4人で練習をしましたが、タマミーの強烈なパスでピエールさんはトーネル星まで吹っ飛んじゃった。あんなにパスの力が強かったなんて知らなかった…。星に飛ばされるのは慣れてるって、ピエールさんは言いましたけれどね。おしまい。
star.png
 1月24日からは「ギギはおこりんぼう?」という話をお送りします。
posted by HANEIL at 19:52| 岡山 ☁| Comment(0) | 銀河銭湯パンタくん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月16日

怪奇料理パーティー?

『銀河銭湯パンタくん』2019年12月6日と同13日放送の「みんなでパーティー」の感想です。
star.png
 今回のピエールさん、久しぶりに自分のふるさとの星に帰って、その星の特産物をいろいろ買って風呂敷に包んで地球に戻ってきました。その中には真っ青な大根、その名もずばり「ブルー大根」も。ピエールさんは特産物を使った料理を、パンタくんたちにごちそうしようと、秘密基地でパーティーを開くのですが…。

 前菜は、宇宙トカゲの卵とケムシ草のサラダ。その次に出たのは、オバケガニとドロクラゲのパスタ。
 あまりの不気味さに、パンタ・バース・ギギは怖がって食べようとせず、いつもの広場へ逃げ込みました。そこへやって来たピッコラとタマミーが、ピエールさんのパーティーに招待されたというのですが、パンタくんたちはあの料理を食べるのはやめた方がいいという。でもピッコラとタマミーは、ケムシ草やオバケガニなどの名前を聞いた途端、秘密基地へ向かいました。パンタくんたち、心配になって後から行ってみると、そこではピッコラとタマミーが、あの料理をおいしそうに食べています。ピッコラが言うには、ドロクラゲは凶暴なサメクジラがいる海でしか獲れないクラゲ。オバケガニも、10年に1回しか姿を現さない幻のカニ。どちらも貴重な生物とのこと。ケムシ草は、卵と一緒に食べるとおいしいですって。それを聞いたパンタくんたち地球人の子も、おいしいと実感して、ピエールさんに謝りつつ褒めたら感激のあまり、涙ジョ~ですってさ。そしてメイン料理の、ブタムカデの丸焼きもおいしそうに食べちゃって、パンタくんはピエールさんに、地球の料理をごちそうするための銀河町パーティーを開くと言いました。

 パーティー当日、ピエールさんは地球の日本の食べ物・納豆をのせたご飯をおいしそうに食べましたが、ちょうどトーネル星から帰ってきたパンキチに、久々に吸い込まれちゃった。モンモのいるトーネル星で、納豆まみれになったピエールさん、粘り強く生きてきます、ですってさ。おしまい。
star.png
 次回の放送は2020年1月10日で「タマミーのらくがき」という話をお送りします。
posted by HANEIL at 19:08| 岡山 ☀| Comment(0) | 銀河銭湯パンタくん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月04日

ドロドロで迷惑

『銀河銭湯パンタくん』2019年11月22日と同29日放送の「パンタのドロドロあそび」の感想です。
star.png
 今回のパンタくん、パンキチと一緒に作った色とりどりのドロドロを、部屋の中で二人で投げ合って汚くしちゃった。そこへやってきてドロドロをぶつけられたお母さんに、外に丸聞こえするほどの大声でどなられる。それが外で掃除をしていたお父さんにも聞こえちゃって、まあ。

 家を飛び出したパンタくんとパンキチ、いつもの広場で人の迷惑も顧みずに、日が暮れるまでドロドロあそび。二人が、片付けもせずに去った後にやってきた友達みんなが、ドロドロまみれの広場を見て驚きました。オレンジの遊具はきれいですが、バースくんは一番上の取っ手に付いたドロドロで手を滑らせて落下。

 次の日、学校でパンタくんは右腕を負傷したバースくんを見てふさぎ込む。後から入ってきたマチータ先生も体育のズボンをはいてる。それはどうしてなのかピッコラが聞いたら、先生は学校に来る途中で、広場に落ちていたドロドロのものに足を滑らせ、ズボンがドロドロになったって。それを聞いたパンタくんとパンキチは、余計にふさぎ込んでしまいましたよ…まさか、自分たちがやったとは言えずに。

 銀河ノ湯が、ドロドロまみれのお客たちで混み合っている。後から来たピエールさんも、広場でひどい目に遭ったって。パンタくんとパンキチが急いで広場に行くと、そこでは人々がドロドロの処理に大忙し。広場をめちゃめちゃにしたのは自分たちとは言えないパンタくんとパンキチも手伝う。日が暮れるころ、やっときれいになった。二人はドレープさんに、明日みんなに謝るように言って、この話はおしまいでした。
 公園だって、公衆トイレだって、きれいに使えば気持ちのいいものですよね!
star.png
12月6日からは、二学期最後の放送として「みんなでパーティー」という話をお送りします。
posted by HANEIL at 22:11| 岡山 ☀| Comment(0) | 銀河銭湯パンタくん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする