2020年01月31日

あなたの一家がサザエさんに登場(その2)

 今月の話の登場人物のモデルになった家族の紹介です。

2020/1/5 岡山県・渡辺家のみなさん(「笑顔の獅子舞」に登場/紹介:カツオ)

2020/1/12 福岡県・前岡家のみなさん(「磯野家、火の用心」に登場/紹介:マスオ)

2020/1/26 石川県・林家のみなさん(「油断大敵カルタ会」に登場/紹介:フネ)
posted by HANEIL at 21:29| 岡山 ☀| Comment(0) | サザエさん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月26日

わさドラ気まぐれ批評 No.274

 2020年1月25日放送の話の批評です。

1.Yロウに気をつけろ!
 ~Yロウ(もらうと断れない!?)~

脚本/永野たかひろ 絵コンテ/善 聡一郎 演出/腰 繁男
「Yロウ作戦」:脚本/大野木 寛 絵コンテ/荒川直樹 演出/渡辺温子)

 当日のメイン・ストーリー。(てんコミ『ドラえもん』第11巻「Yロウ作戦」より)
 2005年11月18日放送の「Yロウ作戦」のリメイク原作話です。

「Yロウ」――Y字形に二股に分かれた、ロウソク。これを贈ると、相手は賄賂のような非常に価値のある物をもらった気持ちになり、贈った人の願いをなんでも聞いてくれる。相手は、お願いされたことを必ず実行したくなり、それを途中で取り消すことはできない。
 アニメ版では「記憶にない」、「病気でお会いできない」など政治家のようなセリフ回しがあった。

「ガッチリグローブ(当日の放送のみ登場)――野手用のグローブ。打球が飛んでくると、グローブがひとりでに動き回ってボールを受け止める。他の野手が捕りに行かないと、使用者がボールを追って走り回るはめになるのが難点。
(以上、Wikipediaより引用)

 ジャイアンズの成績が悪く、二軍を作ることにしたジャイアン。それを聞いて青ざめたのび太、下手だからって試合に出さなければ、いつまで経ってもうまくなれるわけがない、うまくなれないから試合に出られない、試合に出られないからうまくなれない。つまり、永久に野球できないって事じゃないかと言ったんですね。ジャイアンが勝負にこだわりすぎるのは、私でもイヤと思います。監督の資格のないジャイアンめ、許せん! とも思いましたね。

 ドラえもんに叱咤激励されたのび太、練習をしてうまくなろうとしても、ママに今ののび太には野球よりも勉強の方が大事と言われ、道具を取り上げれらちゃった。のび太が、「Yロウ」をママに渡すと、ママはとてもいいものを貰ったような気分になり、その際にのび太が頼んで道具を返してもらった。

 練習の場面では、ドラえもんが「ガッチリグローブ」を出す部分はオリジナル。どんなボールでも、グローブが勝手に動いて捕ってくれる。ドラえもんはこれを左手にはめ、のび太と練習するのですが、のび太のあまりのノーコンぶりににドラえもんも呆れる。怒ったのび太が、そのドラえもんを家に帰したとき、空き地に現れたスネ夫のいとこが野球の腕前を披露。いとことスネ夫をメンバーにする事を決めたジャイアンを見たのび太が、悩んだ末にYロウを使うことを決意、スネ夫の代わりに試合に出ることをジャイアンに約束させましたね。
 しかし、おさまらないスネ夫の友達が見つけた紙切れは――

「良集書」!?

「領収書」でしょう。それに「のび太」の字も間違ってる。原作通りですね。ジャイアンて、のび太ほどではないですが“不勉強”なヤツだと思いました。

 スネ夫達が領収書の事について尋ねても、ジャイアンは「知らん! 記憶にない! 忘れた!」と、政治家のように言うだけ。のび太に聞こうとしても、仮病を使ってみんなに会おうとしない。のび太は、みんなに罵倒されても、開き直るのですが、明日になったら雨でした。しかし、家に来たジャイアンはYロウの効力のために強引にのび太を連れ出し、のび太は雨の中で一人野球をする、という原作通りのオチで〆でした。
 しかしラストのジャイアン、原作の白目に近い目をしてましたねー。


2.神さまロボットに愛の手を!(2018年1月7日放送)

脚本/相内美生 絵コンテ/寺本幸代 演出/三宅綱太郎
「やさしさをください…~」:脚本/与口奈津江 絵コンテ/鈴木孝義 演出/渡辺温子)

 2006年10月27日放送の「やさしさをください…神さまロボットに愛の手を!」のリメイク原作話。
 (2018/1/7当時の新聞の番組欄での煽り文句:神様ロボ)
kamisama.png
 再放送のため、批評その他はhttp://haneil-wasadora.seesaa.net/article/a18235498.htmlを参照。
 (2分間のCMによる中断あり)


 2月1日は「アリガターヤ」「ツチノコみつけた!」というリメイク原作話二本立て(ただし「ツチノコみつけた!」は2018年4月6日の再放送)をお送りします。


 今月の新聞の番組欄での煽り文句のまとめ。(表記は読売新聞のもの)

2020/1/11
 サル型ロボ暴走!?(なんでもエーアイアイ・オリジナル短編)
 役立つ物(役立つもの販売機・大全集第3巻より)

2020/1/18
 街中がイモに!?(そして、みんなイモになる・オリジナル短編)
 ねんどロボ(ネンドロイド・『ドラえもん』第35巻より)

2020/1/25
 Yロウ(もらうと断れない!?)
  (Yロウに気をつけろ!=Yロウ作戦・『ドラえもん』第11巻より・リメイク版)ほか

 年の初めも読売新聞のラテ欄は煽りの嵐――どうしてこんなことばかりするのか、責任者を呼んで小一時間問い詰めたいほどの衝動にかられた自分がここに。ではまた来月!

posted by HANEIL at 13:36| 岡山 ☁| Comment(0) | ドラえもん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月22日

傷ついたタマミー

『銀河銭湯パンタくん』2019年1月10日と同17日放送の「タマミーのらくがき」の感想です。
star.png
 ボール遊びで、うまくパスできないタマミーの悪口を言ったピッコラ。本人は本当のことを言っただけというのですが、あれはどう聞いても悪口ですよね?

 学校の図画の時間で「自分の顔」というテーマで絵を描く場面で、ピッコラだけなんだかわからない絵になった。次の日の朝、黒板には「ピッコラは えがヘタ」の文字が。みんな、いったい誰が書いたのか騒いでる。落書きをした人を知らないマチータ先生、相手がどういう気持ちになるか、よ~く考えてくださいと言いましたが、パンタくん、何か隠してそうな顔してましたね、あそこで。でも、みんなはタマミーがピッコラにボール遊びが下手と言われて帰り、それで仕返しにタマミーがピッコラの悪口を黒板に書いたと言っていましたが。

 ピッコラが描いた絵を見たピエールさん、オムライスと言ったらピッコラが、自分は絵が下手だと泣き出した。朝、黒板に書かれた落書きを見て傷ついた模様。落書きをした人は、ピエールさんには「ほんとの事言って何が悪いの? どうしたの?」という感じに思える。ここでピッコラは、タマミーに同じ事をしたかもしれないと気付いたんですね。

 銀河ノ湯。パンタくんとパンキチ、二人っきりの男湯で、パンタくんは、今朝の落書きの事をパンキチに打ち明けました。彼はタマミーのためを思って、あんな事を書いたけれど、そのせいで、タマミーを悪者にしてどうしようと迷ったときに、ドッチロンたちに迫られた。パンタくんは悩んだ末に、ピッコラと一緒にタマミーに謝って和解しました。タマミーは、ボール遊びの練習をすることに決める。後から来たピエールさんも一緒になって、4人で練習をしましたが、タマミーの強烈なパスでピエールさんはトーネル星まで吹っ飛んじゃった。あんなにパスの力が強かったなんて知らなかった…。星に飛ばされるのは慣れてるって、ピエールさんは言いましたけれどね。おしまい。
star.png
 1月24日からは「ギギはおこりんぼう?」という話をお送りします。
posted by HANEIL at 19:52| 岡山 ☁| Comment(0) | 銀河銭湯パンタくん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする