2019年10月27日

わさドラ気まぐれ批評 No.265

 2019年10月26日放送の話の批評です。

1.変身レプリンター
 ~のび太ママやスネ夫に変身(変身!?)~

脚本/伊藤公志 絵コンテ/木野 雄 演出/八木郁乃

 前回の放送の「スネ夫としげお」で触れた話。オリジナルストーリーなので批評できません。


2.ツバメののび太

脚本/伊藤公志 絵コンテ/善 聡一郎 演出/大島克也

 新作原作話。(てんコミ『ドラえもん』第29巻より(原題:のび太ツバメを助けろ))

「動物観察ケース」――自然のままの動物の生態を観察できる道具。外観は目測5メートルほどの大きさの透明ケースで、緯度と経度を指定すると、その場所にいる動物の姿がケース内に映し出され、動物の動きに合わせて光景も動く。ケースよりも大きな動物の場合には、ケースに合わせてスケールが縮む。単に映像が見られるのではなく、実際にその場所とケース内とが空間同士で繋がっており、ケース壁面に開いた穴から餌を投げ込むこともできる。

「お医しゃさんカバン」――初期設定では未来の子供がお医者さんごっこをする際の道具で、軽度な病気であれば、聴診器のような端子を患者に当てるだけで診断し、カバンに収められている飲み薬などで治すことができる。また、カバン本体にはレントゲンカメラや顕微鏡の機能も付属している。
 ファーストエイドキットが高度になったもの、もしくは災害時や野戦病院などで用いられるメディカルキットといえる。
(以上、Wikipediaより引用)

bird_tsubame.png
 この話、ツバメが南に渡ると言っていたのは、時期的にタイムリーな話ではあります。

 「ツバメののび太」とドラえもんに名前を付けられたツバメ、のんびりしてるし、頼りない飛び方もするし、ホントのび太そっくり。

 動物観察ケースに映っていたクジラに「スーちゃん」という名前を付けたドラえもんて変?

 ケースに映し出されたライオンが吼えだして、逃げ出したスネ夫が警官を連れてきてライオンをつかまえてもらおうとしますが、警官が来た時はケースの中はコアラになっていたので警官は怒って帰ってしまいましたよね。それより前に、ライオンに見つけられた餌の子鹿を、ドラえもんが助けようとするのが無くて残念でした。

 のび太が、先ほどののび太ツバメを映し出す場面で、ツバメが餌の虫を見つけてもつかまえることが出来ず、のび太が桃太郎印のきびだんごをあげますね。

 夜になってのび太ツバメのことを気にするのび太ですが、夜はツバメもどこかで寝ているから無駄だとドラえもんは言う。二人で夜空を見上げたところで、

-CM-

 一週間ほどたって、のび太が学校から帰ってきてケースで見たツバメは、九州までたどり着いたという。東京から陸づたいに南下して、フィリピンあたりへ渡るつもりらしいですって。あんな小さな体で、すごいと感心するのび太。雨の中を必死で飛んで、ひと休みするツバメに、のび太はエサをあげましたが、突然、ツバメがトンビに襲われる(原作ではワシでしたが)。きびだんごは一つも残っていないので、ドラえもんはスモールライトでトンビを小さくしました。しかしツバメは地面に落ちたまま動きません。二人はどこでもドアで現場へ行き、お医しゃさんカバンで調べましたが、ツバメは気絶しただけだったようで、またすぐに飛び始めたんです。南へ向かって飛んでいくツバメでしたが、のび太は気がかりなのでついていくと言う。しかしのび太は学校があるので、代わりにドラえもんがついていくことになり、ドラえもんはツバメを追って出発。

 それから10日たっても、まだドラえもんは帰ってこない。気になったのび太が動物観察ケースで見てみると、ツバメを送り届けたドラえもんが家の方角を見失って迷ってる。のび太ほどではありませんけどドジだな、と思った、ほぼ原作通りな話でした。おしまい。


 さて、今月の一部の新聞の番組欄での煽り文句のまとめ。

2019/10/5
 のび太猫になる!?(のび猫)(ねこっかぶり・オリジナル短編)強いイシ(『ドラえもん』第43巻に収録・リメイク版)

2019/10/19
 ドラが11体に!?(大増殖)(ドラえもんがいっぱい)アルマジロ(ン) ※共にオリジナル短編

2019/10/26
 のび太ママやスネ夫に変身変身レプリンター・オリジナル短編)ほか
 ※読売新聞にて確認・その他の新聞には「変身!?」と表記

 放送枠が土曜日に移っても煽りは続く。いい加減にそのクセやめたらどうですか!?


 11月2日は「落とし物つりぼり」「強いペットがほしい(今回の「スネ夫としげお」で触れた話)」という原作話二本立てをお送りいたします(「落とし物つりぼり」はリメイク)。
posted by HANEIL at 16:01| 岡山 ☁| Comment(0) | ドラえもん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月26日

2019年9月の家族の近況

 2019年9月の家族の近況は、1日のワカメちゃんの話から。

> ワカメです。
> お兄ちゃんが頭を抱えて悩んでるの。
> 夕飯の豚カツを、
> しょうゆとソース、どっちで食べようか迷ってるみたい。
> あきれた。

 ホントですね。私ならソースですが。
 次は、8日のカツオくんの話。

> カツオです。
> 中島とケンカして腹が立ったら、
> おなかすいちゃった!
> おやつをたっぷり食べたら、
> 怒っていたことがばかばかしくなっちゃって。
> 謝りに行くか。

 カツオくんと中島くんはケンカするほど仲がいい、なんて。
 次は、15日の母さんの話。

> フネです。タマが最近
> 夜遅くなってから帰ってくるようになりました。
> タマ、ガールフレンドとお月見でもしてるのかい?

 今年の十五夜は9月13日の金曜日で、時期的にお月見の話ができなかったから母さんがこんな話をしたというわけですね?
 次は、22日の父さんの話。

> 波平です。昼にサンマ定食を食べた日、
> 偶然晩ご飯もサンマでした。
> いや~旬のものは何度食べてもうまいですなぁ。

 今年はサンマが不漁と聞くから、冷凍のものしか食べられないと父さんも嘆いたりして。
 最後は、29日のタラちゃんの話。

> タラちゃんです。
> 公園でスズムシさんの声が聞こえたです。
> リカちゃんと一緒にずーっと聞いてたですよ。

 スズムシはリーン、リーンと鈴のような鳴き声を出すからスズムシっていうのかもね。

posted by HANEIL at 07:16| 岡山 ☀| Comment(0) | サザエさん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月24日

あいさつにもルールあり

『銀河銭湯パンタくん』2019年10月4・11・18日放送の「おはよう!タマミー」の感想です。

●銀河町商店街・朝
 ピッコラが朝のあいさつ「おはよう」をタマミーに教えていました。タマミーの元気なあいさつで、ピエールさんも気持ちの良い一日が過ごせそうですって。で、ピエールさんとピッコラ・タマミーは互いに「おはよう」を交わしましたね。それに比べてパンタくんとパンキチ、あいさつを忘れるとは、しつけがなっていないな、と思いましたね。

●いつもの原っぱ
 友達にあいさつしなきゃダメって言われたパンタくん、次の日からピッコラたちとどちらがたくさんあいさつできるか競争することに。ピッコラは、朝起きて父親とギギとバースくんの三人にあいさつしましたが、パンタくんとパンキチのほうが多い。でも、二人がフライングディスクを拾いもせずにあいさつして通り過ぎたのを、ギギは感じ悪く思います。

●銀河町商店街
 この場面のパンタくん、人がたくさんいるところで大きな声でいっぺんに、みんなにあいさつすることを思いついたのですが、やってみると人々は驚いてしまう。バカなことしましたね! それに、日暮れ時におはようってお父さんにあいさつしたのも変だと思ったし。

●銀河ノ湯・男湯
 この場面のガンさんとスベトンさん、あいさつ疲れしたパンタくんのほうを見ずに適当にあいさつ。そんな二人を、パンタくんは感じ悪く思い、朝、自分たちもそうしたことを思い出す。これでは、相手が気分を悪くするのも無理は無い、か。
 ――あいさつというのは、人と人とが気持ちよく過ごせるようにあるもの。しっかり相手の顔を見て、明るい声であいさつするのが、気分のいいやり方であることを、今回の話で知りました。
 そこへやってきたピエールさん、パンタくんの大声あいさつでびっくりしてペンキをかぶったことをガンさんとスベトンさんに報告したのを聞いたパンタくんとパンキチが湯舟の中に隠れると、そこへマチータと名乗る人物が入ってきた! 彼がどんな人なのかは、次回「マチータ先生は、こわい?やさしい?」という話で明らかになる予定です。お楽しみに!
posted by HANEIL at 21:23| 岡山 ☔| Comment(0) | 銀河銭湯パンタくん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする