2019年05月31日

2019年5月の家族の近況

 今月の家族の近況は、5日のカツオくんの話から。


> カツオです。長い休みもあしたまで。

> 最後の1秒まで遊ぶぞ。まずは姉さんの

> 勉強しなさい攻撃をうまくかわさなきゃ。


 サザエ姉さんの攻撃、君にかわせるかねえ?
 次は、12日のマスオさんの話。


> マスオです。サザエの友達が遊びに来ました。

> 2人で楽しそうにおしゃべりしてるから、

> 紅茶のお代わりを持っていこうかな。


 サザエさんに気を遣うマスオさん、よほどサザエさんのことが好きなんですね。
 次は、19日の母さんの話。


> フネです。

> 公園の紅葉の新緑の美しさに

> 思わず見とれてしまいます。

> 紅葉の見頃は秋だけじゃないんですね。


 紅葉だから美しいのであって、イチョウでは駄目ということ…?
 最後は、26日の父さんの話。


> 波平です。カツオに

> 宿題を終わらせなさい! と叱ったのに、

> 自分の俳句の課題はまだ終わっていません。

> 早くやらんといけませんな。


 すっぽかしは遺伝でしょうか?

 さて来月はどんな話が聞けるか楽しみですね。では!
posted by HANEIL at 19:19| Comment(0) | サザエさん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月18日

わさドラ気まぐれ批評 No.252

 2019年5月17日放送の話の批評です。
 
☆クイズ あなうめドラえもん
 今回は「□□□とこ」
 答えは「おおおとこ(大男)」でした。
 

1.しつけキャンディー
  ~エンマ様に舌を~

脚本/高橋悠也 絵コンテ/佐野隆史 演出/腰 繁男
2012/11/16脚本/千葉美鈴 絵コンテ・演出/矢花 馨

 リメイク原作話。(てんコミ『ドラえもん』第22巻より/初放送:2012/11/16・当時の新聞の番組欄での煽り文句は「スネ夫がウソで地獄に落ちる!?

「しつけキャンディー」――まだ理屈が通じないような幼児への躾に使う道具。この飴をなめた人が「嘘をつくと地獄へ堕ちて閻魔大王に舌を抜かれる」などの迷信的な警句を発すると、それが現実になる。左記のような世間一般に言われている警句だけでなく、「テレビの邪魔をするとネズミが出る」などのデタラメな警句を言っても効果がある。
「スパイ衛星」――羽虫ほど小さいスパイ衛星。宇宙に打ち上げるのではなく、使用したい対象者に投げてその人物を軸に軌道にのせるとモニターする機器でその人物の周囲の映像や音声を視聴できる。衛星の軌道修正をすることもできる。衛星は1ダースがモニター装置の引き出しに収納され、各々にはカメラが6つ付いている。
(以上、Wikipediaより引用)

 この話は7年前にも批評したことがあるんですが、原作レイプな内容に閉口した覚えあり。その顕著な例が、スネ夫がウソをついたら地獄に落とされたというものでした。
 さて、今回、スネ夫のひいおばあちゃんが言った迷信はというと!?
 
「親の悪口を言うと口が曲がる」原作にもあった迷信。スネ夫の口が曲がった後、ひいおばあちゃんから「謝れば元に戻る」と言われたため、彼のママに謝ったら元に戻ったというもの。

「スイカの種を飲み込むとヘソから芽が出る」これは当日のオリジナル部分。ヘソから芽が出たスネ夫を見たママは仰天し、スネ夫と一緒に医者に行こうとすると雨が降ってきました。
「カミナリが鳴ったらヘソを隠さないとカミナリ様に取られる」これもオリジナル部分。スネ夫がカミナリ様に謝ったら、雨は上がり、ヘソも元通り付きました。スネ夫が、カミナリが鳴った時にちょうどヘソを手で隠してたから、こうなったのです。

「物を粗末にすると物が泣く」スネ夫が捨てた画材が本当に泣き出すというものですね。原作にもありました。

「ご飯のあと、すぐ横になると牛になる」これも原作にもあった迷信。

 きわめつけは「ウソをつくと地獄へ落ちてエンマ様に舌を抜かれる」というもの。ウソをついたスネ夫のママは現われたエンマ大王を見て失神しました。

 他にも、スネ夫が冒頭で「茶碗を叩くと貧乏神が出る」と言ってましたが、これもオリジナル部分なのでしょう。

 最後に、勉強せずにテレビを見てばかりののび太が、ドラえもんが出したキャンディーを横取りし、「テレビを見るのを邪魔したらネズミが出る」と言ったために、ドラえもんは巨大なネズミにさえぎられて何も言えなくなった、という原作通りのオチで〆でした。
 言い忘れましたが、ドラえもんとのび太はスネ夫の様子を原作通り、スパイ衛星による中継で見ていました。やはり、7年前より今週の放送のほうが、ほぼ原作通りだったと思います。
 
☆ドラドラ探偵局
 今週から始まった新コーナー。
 今回の調査は「タケコプターやどこでもドアが初めて登場したのはいつ?」
 いつも移動手段として使っている2つの道具だけど、のび太にはわかるかドラえもんが聞いたら、のび太は最初の放送からなんじゃないかな、と返答。
 しかし、それは間違いで、タケコプターは第7回(大山版)からの放送で、どこでもドアはそれから2カ月後の第58回が初登場。
 どこでもドアの色も、今と違って灰色だったんですって(現在はピンク色)。40年もの間にこうも変わるとはね。
 

2.人間味調味料
  ~渋いのび太 さわやかなジャイアン~

脚本/福島直浩 絵コンテ/堂山卓見 演出/今村洋輝
 当日の放送のメイン・ストーリー。オリジナルなので批評できません。
 この話に出てきた「人間味調味料」は、スネ夫役の声優・関智一考案のひみつ道具だそうです。
(途中、2分間のCMによる中断あり)

 
 次週・5月24日は19::00より『アメトーーーーク ビビリ1GP&鉄道ファンクラブ』を放送のため休止。(21:00まで)
 再来週・5月31日は「トランポリンゲン」という新作原作話「シャボン玉宅配便」というオリジナルストーリーをお送りします。
posted by HANEIL at 17:14| Comment(0) | ドラえもん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月11日

わさドラ気まぐれ批評 No.251

 2019年5月10日放送の(令和最初の)話の批評です。

 

☆クイズ あなうめドラえもん

 今週から始まったミニコーナー。四角に同じ文字を入れて、言葉を完成させるクイズ。

 

 今回は「か□□□き」


 答えは「かたたたき(肩たたき)」でした。


1.のび太のおいしい食べ方
  ~注文の多いライオン~

脚本/清水 東 絵コンテ/堂山卓見 演出/岩田義彦

※「腹ペコご主人さま」:脚本/富永淳一 絵コンテ・演出/三家本泰美


 リメイク原作話。(てんコミ『ドラえもんプラス』第5巻「イイナリキャップ」より/初放送:2007/8/17「腹ペコご主人さま」)


「イイナリキャップ」――円形のアンテナがついた受信帽と、矢印がついた送信帽の2種類からなる。受信帽をかぶった人や動物は、送信帽をかぶった人や動物の言う事に絶対に逆らうことができない。かぶった動物が人間の言葉を話せるようになるという効果もある。

「スモールライト」――懐中電灯を模した、物体の縮小に用いる道具。縮小スイッチを押し、発せられる光を物体に当てると、その物体を小さくする。

(以上、Wikipediaより引用)

 

 この話の冒頭で、捨て犬にされたムクが入っていた箱にはシンエイ動画のあのマークが。宣伝のつもり?

 

 ジャイアンが言う無理なこととは、ニャーゴって鳴けとか、へそ踊りやれとか。そんなこと、犬ができるわけがないのは私でもわかりますよ。

 エサは煮干しの頭。散歩もさせてくれない。でも、ムクはジャイアンが好き。子犬の頃から育てられた。あの頃はかわいがってくれたのに…ジャイアンて、なんというバカ飼い主なのでしょうかね。


 ドラえもんはジャイアンを説得することにしてムクと一緒に出かけ、別れたのび太がライオンを見つけて受信帽をつけさせてからが大変。ライオンを使ってみんなに芸を見せますが、みんなはぬいぐるみだと言って信用しない。そうしているうちにキャップが取れてしまったので、慌ててくっつけますが、間違えて送信帽をライオンにくっつけたので、逆らうことができなくなってしまいます。のび太が言われるままに家へ戻るところで、


-ドラガオじゃんけんの告知・提供・CM(『クレヨンしんちゃん』の15秒の番宣あり)-


☆ひみつ道具コンテストのこと

 今週は、テレビ朝日のナイトドラマ『東京独身男子』に出演中の滝籐賢一、高橋一生、斎藤工が考えたひみつ道具を紹介。

 高橋は「全生物対応ほんやくこんにゃく」というもの。もとのほんやくこんにゃくが全生物に対応していないので考えたとか。

 斎藤は「トイレ済ま~す」ここぞという時に、やっぱりもよおしてくるというかで、それを前もって済ませられる道具を、とのこと。

 そして滝籐は「いっぱいタキトー」もう一人の自分が絶対欲しいと思って考えたそうです。

なお、ひみつ道具コンテストは5月13日(月)の消印まで有効。急げ!


 

 家に帰ってきたのび太、ママが気付いて(キャップを)取ってくれないかなと思うばかり。しかし、ママはメガネを外していたために気付いてくれないのですが、その時の目が「+ +」だったのはてんコミ第11巻に収録の「とりよせバッグ」という話(わさドラでは未放映)と同じだ!

 一旦家に戻ったドラえもんも、またムクと出掛けてしまったため、のび太はライオンのところへ食べ物を持って行きますが、かえって腹が減ったとライオンが言うので、ライオンはのび太を食べようとする。が、ライオンはのび太に、まず体を洗い、塩とバターを持ってくるように命令。服を脱いだのび太、それらを体中に塗られ、ライオンが食べようとするとケチャップがないと食べられないと言うので、のび太はケチャップを買いに行きますよね。その時、偶然出会ったジャイアンがキャップを取って自分につけたため、ジャイアンがライオンの下へ行ってしまいますが、のび太が止めたために外れてしまいます。ジャイアンを食べようとするライオンですが、そこへ現れたムクが必死に抵抗し、そのスキにドラえもんがスモールライトで小さくしました。どりあえず、ライオンを捕まえたドラえもん。警官も来て騒ぎとなりますが、そこに現れたライオンの飼い主の男が無責任なこと(育ちすぎたから捨てたとか)を言ったので、警察に連れて行かれます。

 そして身を呈して自分を守ってくれたムクに感謝するジャイアン、ムクと一緒に家へ帰っていきましたが、ジャイアン、これに懲りて、へそ踊りをやれなどという、犬には絶対できない芸をムクにさせなければいいんですけどね。ほぼ原作通りのお話でした。12年前もこうだったかは覚えてませんがね。おしまい。


2.お料理ワッペン
  ~母の日パパと究極の料理作り~

脚本/清水 東 絵コンテ/大杉宜弘 演出/岩田義彦

 当日の放送のメイン・ストーリー。母の日にちなんだお話。

 オリジナルなので批評できません。でも、わさドラって母の日が近づくと、必ずと言っていいほど、それが絡んだ話をやるんですねえ。

 それに5月はしずかの誕生月でもあるんですが、今年はどうかな。


 なお、この話に出て来たお料理の作り方が、テレビ朝日の公式ホームページに掲載されています(「テレビ朝日 ドラえもん」で検索)。

 


 次週・5月17日は「しつけキャンディー」というリメイク原作話「人間味調味料」というオリジナルストーリーをお送りします。
posted by HANEIL at 16:43| Comment(0) | ドラえもん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする