2019年04月27日

わさドラ気まぐれ批評 No.250

 2019年4月26日放送の話の批評です。

1.タタミのたんぼ
  ~部屋の田んぼで米作り~

脚本/伊藤公志 絵コンテ・演出/善 聡一郎
※「のび太の部屋が日照り? 台風? イナゴの大群?~」:脚本/大野木 寛 絵コンテ・演出/寺本幸代

 リメイク原作話。(てんコミ『ドラえもん』第2巻より/初放送:2006/1/27「のび太の部屋が日照り? 台風? イナゴの大群?~」)

「餅製造マシン」――もち米から餅を製造する機械。もち米を投入すると、全自動で蒸し上げ、餅つきが行われ、食べやすいひと口サイズの餅が出てくる。
 また、脱穀・精米機能が内蔵されているため、田んぼから刈り取ったばかりの稲でも、そのままこの機械に放り込んで餅にすることができる。

「しゅみの日曜農業セット」――てんとう虫コミックス第26巻収録「のび太の地底国」では「たんぼロール」ではなく、屋外で本物同様の田が使用されている。なお名称は、2巻収録「タタミのたんぼ」以外では単に「日曜農業セット」と呼ばれている。
 太陽と雲による天候は、実際の田植えから収穫までの季節の変化を2時間に短縮した形で変化してゆき、秋頃には小さな台風も来る。ドラえもんが購入したセットは季節コントローラーの調子が悪く、梅雨時期になってもなかなか雨が降らなかった。
 日曜農業を、室内の趣味の範囲で手軽に楽しむことのできるセット。苗を植えてから2時間程度で作物を収穫することができる。

「ほんもの図鑑(2019/4/26放送のみ)――未来の図鑑。調べたいものが載っているページを開いて本の背を叩くと、そのものの本物が飛び出てくる。飛び出すものはすべて本物であり、動物だったら生きているし、食べ物なら食べる事ができる。
(以上、Wikipediaより引用)
 
 OPもなく唐突に始まったこの話、前々回放送の「ドラえもんをのぞいちゃえ!」という話でも、お餅のことでケンカするあの場面があった話です。

イメージ 1

 さて、しゅみの日曜農業セットの内容はといいますと、カプセル入りの苗(適当に苦労するよう、イナゴの卵もセットしてある)、打ち上げ式豆太陽、チューブ入り雲、かかし、タンボロール(肥料配合済み)…と、原作通りの内容。

 雨が降りすぎて増水し、ドラえもんとのび太が水をかい出そうとする部分はオリジナル。バケツを取りに行ったものの、それじゃ追いつかなくて、てるてる坊主を出して雨を止ませるのは原作通りでしたが。

 雨が止んで一休みしたら、田んぼの中に雑草が生えてきた。放っておくと稲が育たないからと、草取りをしますが、なかなか大変なので、「ほんもの図鑑 鳥」からアイガモを出し、草を食べてもらう。花が咲いたころ、台風がやってくる。稲が倒れないように稲同士を結ぶ部分もオリジナル。穂が実ってきたころ、イナゴの大群に悪戦苦闘する二人。スズメまでやってきて、かかしを立てて追い払おうとしてもダメな部分もオリジナル。
 それら苦労のかいあって大豊作の稲を刈り入れ、餅製造マシンに入れて完成したお餅を食べる二人でしたが、出てくるお餅の総数は259で、分けると129130ということになり、どちらが130個食べるかで、二人はまたケンカを始めて終わり。
 
☆ひみつ道具コンテストのこと
 当日の20:57から放送の『ザワつく!』という番組の高嶋ちさ子(バイオリニスト。大のドラえもんフリークとしても有名)が考えた道具、それは「のぞき見テレビ」子供が留学しており、そう簡単に向こうの生活がのぞき見できないというので、これで様子をうかがいたいと思ったんですって。
 もうひとつは「客よせパンダ」これを手にしたら、自分のコンサートに行かないわけにはいかないという、鬼みたいな不幸の手紙にも似たパンダのぬいぐるみだとか。以上!
 

2.未来からの買い物
  ~未来のカタログで爆買い!?~

脚本/清水 東 絵コンテ/氏家友和 演出/藤倉拓也
※「未来の買いものはご用心」:脚本/与口奈津江 絵コンテ・演出/三宅綱太郎

 当日の放送のメイン・ストーリーで、これもリメイク原作話。(てんコミ『ドラえもん』第7巻「未来からの買いもの」より/初放送:2007年8月31日「未来の買いものはご用心」)

「通心販売カタログ」――形状は現在の広辞苑並に厚い本の形をしている。本の表紙にはタイトルと年が書いてあり(ドラえもんの所有していたのは2087年版)、中には商品の写真と説明文が書いてある。
 掲載されている商品を“欲しい”と思っただけで即時取り寄せる事が出来る。但し料金は後払いで返品は不可、代金を支払わなかった場合は詐欺罪となり、債権回収業者により22世紀へ連行される。また、時代を超えて商品取引が可能と言う特徴がある。掲載されている商品は衣類、家具、台所用品、自転車、ゴルフクラブ、ステレオ、テープレコーダー、人形など様々である。ただし一部に欠陥品もあり、のび太の頼んだ自転車は最高速度で走り続けると分解する代物だった。
 作中では、のび太が代金の事を知らずに500万円分購入してしまったが、債権回収業者が上述の欠陥自転車の口止め料(債権回収業者曰く「会社の信用問題になる」との事)としてすべてタダにして貰った。
 なお、現在発行されている単行本では「つう信」と表記されているが、意味から考えると昔の版の「つう心」の方が正しい表記だと思われる。(Wikipediaより引用)

イメージ 2
 
 スネ夫が友達に新しい自転車を見せびらかす場面。自転車はイタリア製で、27段変速、ディスクブレーキ装備、フレームはカーボン製という、スネ夫の身長に合わせたフルオーダーメイドという。でも、オーダーメイドって結構金と時間がかかるでしょう? でもスネ夫んちは金に糸目をつけないらしいね、うらやましい! それに比べて、のび太の自転車は補助輪付きという情けないもの。自分が自転車に乗れないからってねぇ…。
 
 ドラえもんが見ていたカタログで、のび太が最新の自転車を見つけて思わずつぶやくと、のび太の目の前にその自転車が現れましたね。調子に乗ってゴルフクラブや、服まで買ってパパやママに渡す。
 のび太はそのあと自転車の乗り心地を試すついでに、友達にカタログのことを話しますよね。で、ジャイアンはベースボールスタジアム(VRで野球ができる未来の野球マシン)を、スネ夫は立体映像のゲーム機、しずかは本当に乗れる馬のぬいぐるみを出す。他の友達にもいろいろ出してもらうところで、
 
-CM-

 のび太がカタログでいろんなものを出したのを知ったドラえもんは仰天! 全商品カタログは通“心”販売のカタログといって、心で思うだけで買い物ができるカタログ。しかも、返品は認められない。もしお金を払えなかったら、詐欺の罪で連れて行かれるって……原作通りだ! のび太のお小遣いは月500円だから、払いきるのに834年はかかるって、コワイね~。
 二人は自転車の最高速度で集金人から逃げますが、その時自転車がバラバラに分解。集金人の男によると、その自転車は最高速度で走るとバラバラになってしまうという欠陥車であり、今回収しているとか。他に買ったものは無料にすると言われ、ドラえもんは思わず自分の分も買っておいてくれれば良かった、気が利いてないんだからと文句を言って、この話はおしまい。

 しかしVRで野球ができたり、ゲームを立体映像で楽しめるあたり、いかにも未来の商品だなと感じましたね。それとあのカタログ、心で思うだけで買い物ができても、返品できないは、金を払えないと詐欺の罪になるなんて恐ろしいカタログだな、と思いました。ただ原作とは違って、表紙に発行された年が書かれていなかったですけれど。


 今月の新聞の番組欄での煽り文句のまとめ。

2019/4/5
 40周年記念企画! アニメ初回&日常に密着▽あの曲
 (ゆめの町、ノビタランド・『ドラえもん』第3巻に収録・リメイク版/ドラえもんをのぞいちゃえ!・『ドラえもんカラー作品集』第1巻収録「バタバタフライ」の大幅アレンジ版)


2019/4/19
 大爆笑ダジャレで救え遊園地(ダジャレーランド・オリジナル短編) 
 ▽虫の力で超無敵に!(無敵(!)コンチュー丹・『ドラえもん』第19巻に収録・リメイク版)


2019/4/26
 部屋の田んぼで米作り(タタミのたんぼ・『ドラえもん』第2巻に収録・リメイク版)
 未来のカタログで爆買い!?(未来からの買い物(もの)・『ドラえもん』第7巻に収録・「未来の買いものはご用心」のリメイク版)


 本年度も煽りの嵐! あと十年も二十年もやられたらたまったもんじゃないですね。


 次週・5月3日は19:00より21:48まで『おらが県ランキング ダイナンイ!?』を放送のため休止で、再来週・5月10日は「のび太のおいしい食べ方(原題:イイナリキャップ)というリメイク原作話
「お料理ワッペン」という母の日にちなんだオリジナルストーリーをお送りします。
posted by HANEIL at 22:47| Comment(0) | ドラえもん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月20日

わさドラ気まぐれ批評 No.249

 2019年4月19日放送の話の批評です。


1.ダジャレーランド
  ~大爆笑ダジャレで救え遊園地~

脚本/清水 東 絵コンテ/鈴木大司 演出/三宅綱太郎
 当日のメイン且つオリジナルストーリー。
 そのため批評できません。
 

2.無敵! コンチュー丹
  ~虫の力で超無敵に!~

脚本/佐藤 大 絵コンテ/小笠原卓也 演出/三宅綱太郎
※「無敵コンチュー丹」:脚本/与口奈津江 絵コンテ・演出/安藤敏彦

 リメイク原作話。(てんコミ『ドラえもん』第19巻「無敵コンチュー丹」より/初放送:20051125日)

「コンチュー丹」――粒状の薬。服用すると一昼夜での完全変態を経て昆虫の特性が身に着く。チョウのような身軽さ、ハチのようなすばやい攻撃動作、アリのような怪力、カブトムシのような硬い体が身につく。ただし捕虫網が怖くなる、殺虫剤を浴びると卒倒するなど、虫が怖がるような物が苦手になるという副作用もある。

 テレビアニメ第2作第2期「無敵コンチュー丹」(20051125日放送)では、幼虫期に食べるものを木の葉から野菜に変更している。さらにバッタのようなジャンプ力も追加されている。
(Wikipediaより引用)
 
 話の冒頭で、ドラえもんがスライムで遊んでいるのを、前にも見たことがあるという人も多いのでは? 実はこの話、前回放送した「ドラえもんをのぞいちゃえ!」という話のラストにつながった話なんです。
 作中に盛り込まれたのは、原作ではモハメド・アリでしたが、今どきの子供が彼を知るはずはないからと、グレート・アリという架空のプロレスラーに制作側が変えたとか。それとドラえもんが出したコンチュー丹で身に付くものとは、当日の放送では、チョウのような身軽さアリのような怪力カブトムシのような硬い体は原作通りでしたがハチのようなすばやい攻撃動作の代わりに、バッタのように力強いキックというものでした。他にもあるそうですが、それは後述。ドラえもんが、クロヤマアリの力強さやトノサマバッタのジャンプ力を昆虫図鑑を見せて説明したのはオリジナルかな?

 のび太がホットケーキを見ても不思議と食欲がわかず、なぜか食べたものは……14年前の11月の放送では野菜でしたが、リメイク後の今回は、原作通り木の葉を食べていました。木の葉をドラえもんに持ってきて食べるところで、

-CM-

 そして夜、寝つけないのび太の口の中から出てきた糸でマユを作り、中でさなぎになる。朝、出来上がったマユの中から飛び出したのび太は、ジャイアンのもとへ向かいますね。その時ランドセルを背負っていたのは、平日だからだったのでしょう。
 で、ジャイアンに出会うと、のび太は「はたしじょう」を差し出し、放課後、河原で決闘すると言い出しましたよ! そのうわさは学校中に広がる。

イメージ 1 日暮れ時、河原でのび太はカブトムシの硬さと、蝶の軽やかさ、原作には無かったカメムシのにおい攻撃、バッタバッタのキック、そしてアリの怪力でジャイアンを倒すことに成功。のび太は日頃からの鍛錬と威張りましたが、ホントはそうでもないクセに。イメージ 2その時、のび太の体からあのカメムシのイヤなにおいが発生したので、決闘を見物していたみんなは逃げてしまった。――カメムシのにおいは、仲間を集めるためにも放たれる。しかし人間には逆効果なのです。というわけで当日の放送でのコンチュー丹のオリジナル能力は、カメムシのにおい攻撃でしたって。
イメージ 3 最後、のび太がコンチュー丹の影響か、虫取り網を怖がり、殺虫スプレーを浴びて卒倒するのを見たドラえもんは、虫もいいことばかりじゃないと言って、この話はおしまいでした。最後のオチも「虫」で統一されていて、展開の妙味を感じさせる話でしたよ。
イメージ 5
イメージ 4
 しかし、話の途中で画面下に「ひみつ道具コンテスト」のお知らせや「月額見放題パック」の宣伝テロップを流すのはやめてほしい! 鑑賞の妨げになります。
 
☆最後に
 毎週月曜よる8時放送の『10万円でできるかな(時折、『帰れマンデー見っけ隊!!』などとの番組との合体スペシャルを組む場合あり)』に出演中のKis-My-Ft2が、『ドラえもん』放送40周年のお祝いに駆けつけてくれました。そしてひみつ道具コンテストに参加するというので考えた道具とは、「宝くじアタ~ル」ですって。このおばちゃんに、「宝くじ当たりたいんですけど」って言ったら、必ず3億円が当たるというもの。以上でした。

 
 次週・4月26日は「タタミのたんぼ」と「未来からの買い物」というリメイク原作話二本立てをお送りします。平成最後の放送なのですが。
posted by HANEIL at 21:55| ドラえもん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月07日

2019年3月の家族の近況

 先月の家族の近況は、3日の父さんの話から。

> 波平です。春ですなぁ。
> 暖かくなって木々が芽吹き、
> ウグイスが鳴いています。
> いや~めでたい。
> マスオ君、一杯やろうじゃないか。

 春の兆しを感じるひと言でした。 
 次は、10日のタラちゃんの話。

> タラちゃんです。
> 「いよかん」っていう大きなミカンをもらったです。
> 皮をむいたら、お部屋がいい匂いになったです。

 次は、17日のワカメちゃんの話。

> ワカメです。みゆきちゃんのお部屋が
> 模様替えして、とってもすてきになってたの!
> 私もやってみたいけど、お兄ちゃん協力してくれるかなぁ。

 遊びしか能がないカツオお兄ちゃんに、協力してくれと言っても無駄なんじゃない?
 次は、24日のカツオくんの話。

> カツオです。
> 最近、日が長くなってきたから、
> たっぷり遊べるぞ。
> でもおなかがすく時間がきっかり同じだから、
> 帰る時間は変わらないんだよね。

 これ読むと、カツオくんの腹時計は年中正確なんだなぁって思いますよ。
 最後は、31日のマスオさんの話。

> マスオです。タラちゃんに
> おもちゃを買ってあげる約束をしたら、
> サザエがうらやましそうな顔を。
> アハハ…。君も欲しい物があるんだね。

 タラちゃんはともかく、サザエさんも欲しがりとは。ちょっと大人げないかも?

 今月はどんな話が聞けるか楽しみですね。ではまた。
posted by HANEIL at 19:33| Comment(0) | サザエさん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする